ニオってる男性全員集合! 加齢臭対策ボディソープ&石鹸ランキング

女性に嫌われないための【加齢臭・ミドル脂臭・汗臭・足臭】完全対策ガイド ※効果的なボディソープも紹介

汗腺機能を高めて臭いを抑えよう~臭いの原因について~

人間の汗には、臭いのする汗と、臭いのしない汗があるのをご存知でしょうか?

同じ運動をして汗をかいたのに、あの人はあまり臭いがないのはなんで?と疑問に思うこともあります。ここでは、そんな汗の臭いについて調べていきたいと思います。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の違い

汗には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺といわれる種類があります。この2つの汗の違いについてまとめてみました。

エクリン汗腺

私たちがかく汗のほとんどは、エクリン汗腺から出ているといわれています。エクリン汗腺は、人間の全身の皮膚にある汗腺で、顔や背中、首などあらゆるところにあります。

人間が汗をかくときは、暑い日に体温を調節するためにかいたり、緊張したりしたときに汗が出ています。このエクリン汗腺から出る汗はサラサラしていて臭いがないことが特徴です。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、エクリン汗腺のように全身に存在していません。陰部やわき、耳などにある汗腺です。アポクリン汗腺から出る汗は、わきが独特の臭いの原因となっています。

この汗がエクリン汗腺と異なっている点は、粘り気のある汗であるということです。また、緊張した際や運動時、暑い日などに出るエクリン汗腺とは違い、冬の時期でも臭いがすることもあるので、アポクリン汗腺から汗が出るタイミングなどはまだ分かっていません。

アポクリン汗腺の数は人によって違い、アポクリン汗腺の機能が発達し数が多いと、わきが体質になりやすいといわれています。

エクリン汗腺が臭わないのはなぜ?

同じ汗なのに、エクリン汗腺が臭わない原因はなぜなのでしょうか。その理由として、エクリン汗腺から出る汗は、ほとんど水分でできていることが挙げられます。汗の中には、少しの塩分も入っていますが臭いを発するようなことはほとんどありません。アポクリン汗腺のように栄養分がないので、べたつかずにすぐに蒸発してしまいます。

そして汗と一緒に出てくる塩分は、私たちの肌を酸性に保ってくれる働きをしているため、菌が繁殖せず臭うことがないのです。ところが、汗腺機能が衰えているとエクリン汗腺から出ている汗も、臭くなることがあります。次は、汗腺機能の衰えの原因についてみていきましょう。

汗腺機能の衰えが原因で臭うこともある

エクリン汗腺から出る汗は、ほとんど臭いを発することはありませんが、汗腺機能が衰えることで汗の臭いの原因になることがあります。

汗は、血液がミネラル分を吸収することでサラサラとした汗になりますが、汗腺機能が衰えると、ミネラル分が吸収されなくなります。そうすると、吸収されなかったミネラルは、汗となってたくさん排出されるので、臭いが発生してしまうことがあるのです。臭いのある汗は、アルカリ性となってしまい雑菌が繁殖することで起きます。

では、汗腺機能が衰えてしまう原因はなぜなのでしょうか。

汗腺機能はなぜ衰えるのか?

夏になるとついつい、エアコンの設定温度を下げてしまいがちですが、実は汗腺機能が衰えるのはエアコンも原因の一つです。エアコンをつけていると、汗をかかなくなってしまいます。そのため、汗腺機能が働かず、衰えてしまうのです。1日中、涼しい部屋にいるのは快適ですが、汗を全くかかないことも問題なのです。

また、汗腺が閉じていることで汗をかかないイメージがありますが、1つの汗腺から汗の量が増えることで汗っかきになることもあります。皮膚を保湿する皮脂腺も根詰まりしてしまい、肌荒れを起こす原因や汗がベタベタし臭いを発することもあるので、汗腺機能を鍛え原因をなくしていくことが大切です。

臭いのない汗に!【汗腺トレーニング方法】

臭いのある汗をかかないためにも、汗腺機能を鍛える必要があります。ここでは、汗腺機能力をアップする方法を紹介していきますので、臭いの気になる方は実践してください。

入浴で汗腺を鍛えよう

汗腺トレーニング方法

  1. 入浴時間は、汗腺機能をアップするのに効果的です。浴槽に熱めのお湯をはります。43度くらいがベストです。このときは、全身つからずに、ひじから手の平と膝から足裏までを15分程度温めていきます。
  2. 手と足を温めた後は、ぬるま湯で全身を温めていきます。
  3. お風呂から上がった後は、しっかり体をふき、服を着用しないで汗を乾かしていきます。このようにすることで、汗腺機能の力を高めることができます。

半身浴

上記の入浴方法よりもっと手軽な入浴方法を行いたいときは、半身浴がおすすめです。お風呂の温度は38~40度にして、胸下あたりまでお湯をはります。入浴する時間は30分を目安にしてください。

※入浴するときは、水分補給も忘れずにするようにしましょう。

運動を行う

デスクワークの方や、室内で仕事をしている方は1日中エアコンのついている部屋で過ごすことが多いため、汗腺機能が低下している方も多いです。

そのような方は、定期的な運動をすることで、汗腺機能を高めることができます。運動をして血流や代謝をアップさせることで、体の中の老廃物を汗と一緒に流すことができます。運動は、良い汗を流す最適な方法なので、日頃の運動不足を解消しながら、汗の臭い対策が施せるのです。

運動で最適なのは、ウォーキングです。あまり激しい運動でなくてもいいので、少し汗をかく程度で15分程度軽いウォーキングをしましょう。夏の暑い日に運動をするときは水分補給を忘れずに行うようにしてください。

おすすめの時間帯は夕方や夜の涼しい時間帯です。また、自宅の中では、ストレッチなどをして血流をよくすることで代謝アップにつながります。運動をすることが難しい方は、自宅の中でストレッチやヨガをするだけでも効果的です。

エアコンの使用を控えよう

夏になると、エアコンの温度を低くしてしまいがちですが、体が常に冷えていると汗腺機能が低下してしまいます。できるだけ、エアコンの使用を控えるようにすることをおすすめしますが、熱中症などの恐れもあるためエアコンの温度をあげ、調整するようにしてください。

このように日常生活に少し気をつけるだけで、汗の臭い対策を行うことができます。汗腺機能も鍛えて根本的な原因の解決をしていきましょう。また、入浴ときは臭い対策に効果的なボディーソープや石鹸を使うと、効果を高めることができるので使用してみるといいでしょう。

 
 
 
ページの先頭へ ▲
 
ニオってる男性全員集合! 加齢臭対策ボディソープ&石鹸ランキング