「あの臭い」とはもうサヨナラ!加齢臭対策ボディソープ&石鹸まとめ » クサい臭いを徹底解消!加齢臭の原因と対策 » 加齢臭を引き起こす生活習慣

加齢臭を引き起こす生活習慣

加齢臭を予防するために改善したい生活習慣をご紹介。

喫煙習慣があったり、面倒くさがってお風呂に入らない日がある、という方は要注意!加齢臭の改善には生活習慣を見直してみることが必要です。

加齢臭を予防するために改めたい生活習慣

タバコを控える

言うまでもないかもしれませんが、タバコは身体全体の老化を促進するので、加齢臭の原因にもなります。

タバコの煙には活性酸素の一つである過酸化水素が大量に含まれているので、体内に入ると身体の酸化を促します(酸化は加齢臭の原因の一つです)。この過酸化水素は副流煙にも含まれているので、タバコを吸う本人だけでなく周囲の人の身体の酸化も促進してしまいます。

そしてタバコのニコチンは体内のビタミンCを大量に消費する特徴があります。これもまた身体の酸化を加速し、加齢臭を強める原因となってしまいます。

タバコを吸う人の体臭や口臭は、本人が思っている以上に強いものだということを、ぜひ覚えておいてください。

入浴と洗髪は毎日やりましょう

加齢臭対策の基本は身体を清潔に保つことです。

1日1回の入浴と洗髪は必ず行いましょう。できれば朝ではなく夜寝る前がおすすめです。夜はしっかり湯船に浸かって汗をかくと体臭が出にくくなるようです。

また、汚い身体のまま布団に入ると寝具に臭いや皮脂汚れがついてしまい、部屋臭の原因にも繋がります。

夜に入浴・洗髪しても朝起きた時の加齢臭が気になる場合は、朝のシャワーをプラスしても良いでしょう。

ボディソープやシャンプーはケチらず使う

入浴や洗髪は1日1回で十分ですが、1度でしっかり汚れや臭いを落とすためにはボディソープやシャンプーを使って丁寧に念入りに洗うことがポイントです。

加齢臭対策に効果のある柿渋などの有効成分が含まれた製品を選べば万全です。

ゴシゴシ身体を擦らず、泡の力で優しく洗うようにしましょう。耳の後ろや首回りなどは特に重点的に洗うと◎です。

運動不足を解消する

加齢臭の発生には身体の酸化が大きく関わっていますが、有酸素運度を行うと体内で起こっている酸化反応を抑えることに繋がります。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、エアロバイクなど、20分以上継続できる軽い運動のこと。これらの運動を週に数回で良いので継続的に行うと加齢臭防止に効果的です。
運動はストレスが原因の体臭予防にも良いですし、ニオイ対策だけでなく健康的で若々しい身体作りにも役立ちます。

洗顔やスキンケアでは保湿を心がける

加齢臭の原因である酸化した皮脂や雑菌を落とすため、洗顔は朝と夜の2回行いましょう。

この時、加齢臭対策用の石鹸や洗顔フォームを使うとより効果的です。身体を洗う時と同様に、皮膚を擦るのではなく泡で優しく洗うことを心がけてください。

また、脂を落とすことだけに躍起になると必要な皮脂を落としすぎてしまって余計に皮脂分泌を促し、逆効果になることもあるので注意しましょう。

洗顔後は化粧水や乳液でしっかり保湿を行うことも忘れずに。

周囲の反応に敏感になろう

加齢臭は自分が気付くよりも先に周囲の人達が気付くことが多いようです。

まさか自分が…とショックを受けることもあるかもしれませんが、早めに気付いて対処していけば加齢臭は改善していくことが可能ですから、あまり落ち込まないでください。

人と近い距離で話していて顔をそむけられる・近くにいる人が顔をしかめるなど、気になるそぶりがあれば要注意です。もしも家族や親しい友人から直接指摘してもらえたら、その方がラッキーかもしれません。

生活習慣を正せばキツイ体臭の予防にも!

規則正しい生活に切り替えることで、体臭は予防・改善が望めます。

特に最も手軽に効果が感じられるのは、いつものボディソープを加齢臭対策用のものに替えること。20製品の特長を紹介しているので、悩みを解消するものや希望に合うものがあるかぜひ確認してください。↓

「そろそろ」ではなく「今すぐ」!
加齢臭対策を始めましょう

まだ先だと思っていた「あの」ニオイ。でも、自分で自分の加齢臭に気付く頃には、周囲はとっくに気付いているかも…。手遅れにならないよう、加齢臭用のボディソープで早めに予防・対策しましょう!
価格順におすすめ20製品を紹介します。

ボディソープを詳しく見る
サイトマップ