ニオってる男性全員集合! 加齢臭対策ボディソープ&石鹸ランキング

女性に嫌われないための【加齢臭・ミドル脂臭・汗臭・足臭】完全対策ガイド ※効果的なボディソープも紹介

【コラム】石鹸とボディソープはどう違う?どっちがいい?

ここでは、石鹸とボディソープの違いについて詳しく解説しています。

石鹸とは?

石鹸とは、動植物の油脂をアルカリで煮て作られるものです。そのアルカリの種類によって大きく2種類に分けることができます。

  • 油脂を苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)で煮たもの=固形石鹸や粉せっけん。アルカリ性。
  • 油脂を苛性カリ(水酸化カリウム)で煮たもの=液体石鹸。弱アルカリ性。

両者は、原料が異なるためにpHが異なり、固形石鹸はアルカリ性、液体石鹸は弱アルカリ性となります。

一般的に、固形石鹸は脱脂力が強く汚れ落ちが良く、液体ソープは洗浄力がマイルドで肌に優しいと言われていますが、原料や製法、使い方などによっても洗浄力や肌への優しさは異なるため、固形か液体かで洗浄力を測ることは難しいでしょう。

石鹸はかなり昔から人類が使ってきた歴史がありますし、合成洗剤よりもアレルギーや肌荒れを引き起こしにくいという大きなメリットがあります。
敏感肌の方が毎日の洗顔や身体を洗うのなら、昔ながらの純石鹸(石鹸素地だけでできている無添加のもの)が一番安心です。固形石鹸や液体石鹸(ボディソープと表記されることあり)を使い、乾燥が気になる場合は化粧水やクリームを後で補うという使い方をするのが一番おすすめです。

ボディソープとは?

ボディソープには、液体石鹸と合成洗剤があるということを知っておきましょう。

「ボディソープは合成洗剤だから、肌に悪い」と勘違いしている方もいらっしゃるようですが、石鹸素地(脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム)でできている液体石鹸をボディソープと呼ぶ場合もあります。
必ずしも、“液体タイプ=合成洗剤” “固形タイプ=石鹸”というわけではないので、原材料を見て判断することが必要です。

液体石鹸は先にも述べたように弱アルカリ性ですが、合成洗剤を使ったボディソープは弱酸性のものが主流のようです。肌と同じ弱酸性だから肌に優しい…と思われがちですが、これもまた原料によって異なりますし、使う人の肌との相性もあるので一概には言えないようです。

石鹸とボディソープは、どちらがいい??

結局、固形石鹸とボディソープ(液体石鹸と合成洗剤)では、どちらが良いのでしょうか?

その答えは、個人差や目的・好みによって異なるので判断が難しいところですが、ボディソープ(液体タイプの石鹸を含む)の方が美容成分や植物エキスなどの成分を多く配合しやすい点や、固形石鹸よりも泡立てやすい点から、加齢臭対策をしたい男性には、ボディソープをおすすめします。

特に、“泡立てやすい”という特徴は肌の汚れや臭いのモトをきちんと落とすためには非常に重要なポイントになります。(泡は汚れを吸い取って包み込む働きがあります)
固形タイプの石鹸でももちろん泡立ちの良いものは沢山ありますが、口コミを見るとボディソープのほうが泡立てやすくて洗いやすいという声が多いので、使い勝手の良いボディソープをおすすめします。

さらに、肌への優しさにも配慮するなら、原料が石鹸素地であるボディソープを選べばベストでしょう。

その上で、肌の乾燥防止成分や欲しい効果(体臭対策など)のある成分が配合されている製品を選んでいきましょう。

 
 
 
ページの先頭へ ▲
 
ニオってる男性全員集合! 加齢臭対策ボディソープ&石鹸ランキング