ニオってる男性全員集合! 加齢臭対策ボディソープ&石鹸ランキング

女性に嫌われないための【加齢臭・ミドル脂臭・汗臭・足臭】完全対策ガイド ※効果的なボディソープも紹介

渋ボディ

ここでは、加齢臭対策で人気のボディーソープ「渋ボディ」のこだわりポイントや口コミなどをご紹介します。

渋ボディの特徴

渋ボデ

加齢臭・老人臭撃退効果 二重丸
ミドル脂臭撃退効果 丸
汗臭・腋臭撃退効果 丸
足臭撃退効果 丸

渋ボディは、40代以上の男性に多い加齢臭の原因物質・ノネナールの発生を抑えることに重点を置いて開発された体臭対策用のボディーソープです。固形石鹸タイプ「渋の泡」とほぼ同成分の製品になります。

こだわったのは、柿渋(カキタンニン)の配合率。人気の加齢臭対策石鹸「渋の泡」と同じくらいの柿渋エキスが配合されています。

中高年世代になると肌自体の抗酸化力が薄れるため、加齢臭の原因(皮脂の酸化)を作りやすい状態になっています。そこで抗酸化物質・カキタンニンが強い味方となるのです。カキタンニンを高配合することで皮脂が酸化しにくくなるため、加齢臭の発生を抑えることにつながります。

殺菌消臭のための有効成分としては、トリクロサン、グリチルリチン酸2Kの2種類を配合。皮膚の上にいる常在菌の繁殖をおさえるので、汗をかいても臭いのしにくい状態に保ってくれます。

洗浄力の強化のためには、ベントナイトが役立ちます。泥成分のベントナイトは皮脂汚れを吸着して落とす作用がありますし、泡立ちを助ける働きもあるのです。

肌をゴシゴシこすらなくても、毛穴の奥までスッキリします。また、サボンソウエキスも洗浄補助としての働き(古い角質を取り除きやすくする)があります。

そしてただ洗うだけでなく、肌の状態を整えるための成分も豊富。保湿成分としてアロエベラエキス・コラーゲン・ローヤルゼリーエキス・ショウブ根エキス・ハマメリスエキスが配合されているので、洗い上がりの肌の健康もしっかり守られます。

無鉱物油・無香料・無着色は無添加となっているので、香りによるリラックス効果などはないですが、洗浄力や抗酸化力には高いこだわりのあるボディソープです。体臭にも色々な種類がありますが、特に加齢臭が気になると思う方におすすめ。

渋ボディの口コミ

ポンプタイプはやはり使いやすいですね。固形石鹸はどうしても泡立てが面倒でして、泡立てが不充分なまま身体を洗ってしまってました。そうすると効果も半減だったと思うし、ボディソープに変えてからはなんだかスッキリ感が違います。

ボトルがいかにもな感じですが、加齢臭は確かに良くなったと思います。他の柿渋せっけんも使ったことがありましたが、安価なものだったからなのかあまり効果を感じなかったです。こちらはしっかり消臭効果があると感じます。

渋ボディの製品データ

価格 3,888円(税込) 
※定期購入価格は3,497円
※送料648円(3個以上の購入で送料無料)
内容量 380ml
タイプ ボディソープ
配合成分 トリクロサン、グリチルリチン酸2K、ミリスチン酸、濃グリセリン、ラウリン酸、ジステアリン酸グリコール、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、 DPG、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ジグリセリン、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ユーカリ油、ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム液、ヒ ドロキシエタンジホスホン酸液、ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール、カラメル、塩化Na、BG、pH調整剤、無水エタノール、カキタンニ ン、紅茶エキス、オウゴンエキス、ハマメリスエキス、ローヤルゼリーエキス、ベントナイト、ショウブ根エキス、サボンソウエキス、アロエエキス-2、サク シニルアテロコラーゲン液
 
 
 
ページの先頭へ ▲
 
ニオってる男性全員集合! 加齢臭対策ボディソープ&石鹸ランキング