「あの臭い」とはもうサヨナラ!加齢臭対策ボディソープ&石鹸まとめ » 撃退ポイントも伝授! 女性に嫌われる男の体臭とは » 汗腺機能を高めて臭いを抑えよう~臭いの原因について~

汗腺機能を高めて臭いを抑えよう~臭いの原因について~

人間の汗には、臭いのする汗と、臭いのしない汗があるのをご存知でしょうか?

同じ運動をして汗をかいたのに、あの人はあまり臭いがないのはなんで?と疑問に思うこともあります。ここでは、そんな汗の臭いについて調べていきたいと思います。

エクリン腺とアポクリン腺の違い

汗には、エクリン腺とアポクリン腺といわれる種類があります。この2つの汗の違いについてまとめてみました。

エクリン腺

私たちがかく汗のほとんどは「エクリン腺」から出ているといわれています。

エクリン腺は、人間の全身の皮膚にある汗腺で、顔や背中、首などあらゆるところに存在しています。

エクリン腺から汗が出るのは、主に体温調整のとき。火照った体を冷やすのが目的です。そのため、この汗はサラサラしていて色もニオイもないことが特徴です。

アポクリン腺

アポクリン腺は、エクリン腺とは違い一部に密集しており、主に陰部やわき、耳などにある汗腺です。

アポクリン腺から出る汗がエクリン腺の汗と異なっている点は、粘り気のある汗であるということ。脂質やタンパク質などを含んでおり、ワキガなどの独特の臭いの原因となっています。

また、運動時や暑い日などに出るエクリン腺とは違い、冬の時期でも汗が出てニオイの原因になることも。

そのため、アポクリン腺の汗はもともとフェロモンの分泌に使われていたと考えられています。

アポクリン腺の数は人によって違います。アポクリン腺の数が多く機能が発達している人ほど、ワキガ体質になりやすいといわれています。

エクリン腺の汗が臭わないのはなぜ?

同じ汗ではありますが、エクリン腺から出る汗はほとんど水分でできています。少量の塩分も入っていますが、臭いを発することはほとんどなく、すぐ蒸発してしまいます。

汗と一緒に出てくる塩分は、私たちの肌を酸性に保ってくれる働きをしているため、菌が繁殖せず臭うことがないのです。

一方、アポクリン腺は栄養分を含んでいるため、皮膚の上にべたついて残るのです。

ところが、汗腺機能が衰えているとエクリン腺から出ている汗も臭くなることがあります。

汗腺機能の衰えが原因で臭うこともある

汗は、血液がミネラル分を吸収した後に排出される水分のためサラサラとした状態になりますが、汗腺機能が衰えるとミネラル分が吸収されなくなります。そうすると、吸収されなかったミネラルは汗と共に排出され、ニオイの原因になるのです。

さらにニオイのある汗は皮膚の上をアルカリ性に変え、雑菌が繁殖する土壌も整えてしまいます。

汗腺機能はなぜ衰えるのか?

夏になるとついついエアコンの設定温度を下げてしまいがちですが、実は汗腺機能が衰える原因の一つがこのエアコン。

エアコンをつけていると汗をかかなくなり、汗腺機能が働かず、やがてはその機能が衰えてしまうのです。

正常に動けなくなった汗腺からは、ニオイの原因になる汗が大量に出ることになってしまいます。

汗腺機能は鍛え直せる!【汗腺トレーニング方法】

臭いのある汗をかかないためにも、汗腺機能を鍛える必要があります。汗腺機能力をアップする方法を3つ紹介しますので、今日から実践してください!

入浴で汗腺を鍛えよう

汗腺トレーニング方法

  1. 浴槽に熱めのお湯をはります(43度くらいがベスト)。このときは、全身つからずに、ひじから手の平と膝から足裏までを15分程度温めていきます。
  2. 手と足を温めた後は、ぬるま湯で全身を温めていきます。
  3. お風呂から上がった後は、しっかり体をふき、服を着用しないで汗を乾かしていきます。

半身浴

もっと手軽にやりたいなら、半身浴がおすすめです。

温度を38~40度のぬるま湯を胸下あたりまではります。そこで30分を目安に、じっくり温まって入浴してください。

※入浴時は、水分補給も忘れずに。

定期的に有酸素運動をする

デスクワークの方は特に、1日中エアコンのついている部屋で過ごすことが多いため、汗腺機能が低下している場合が多いはず。

定期的に運動をすることで、衰えた汗腺機能を復活させましょう。運動で血流・代謝をアップさせることで、体の中の老廃物を汗と一緒に流すことができます。

おすすめの運動はウォーキング

運動の中で最適なのは、ウォーキングです。

少し汗をかく程度で15分程度軽いウォーキングをしましょう。速く歩く必要はありません。夏の暑い日に運動をするときは水分補給を忘れずに行うようにしてください。

おすすめの時間帯は夕方や夜の涼しい時間帯です。

ヨガやストレッチも身体の筋と自律神経を整えます

外での運動が難しい方は、自宅でストレッチやヨガをするだけでも汗腺はある程度鍛えられます。

ストレッチなどで血流をよくし、自律神経が整えられれば、エクリン腺は本来の動きができるようになるでしょう。

エアコンの使用を控えよう

体が常に冷えていると汗腺機能が低下してしまいます。

夏は特に涼しい温度で保ちたいところですが、1日中エアコンをつけっぱなしにするといった連続使用は控えることをおすすめします。

ただし、熱中症の恐れもあるため、エアコンそのものは適度に利用してください。

このように日常生活に少し気をつけるだけで、汗の臭い対策を行うことができます。汗腺機能も鍛えて根本的な原因の解決をしていきましょう。また、入浴ときは臭い対策に効果的なボディーソープや石鹸を使うと、効果を高めることができるので使用してみるといいでしょう。

「そろそろ」ではなく「今すぐ」!
加齢臭対策を始めましょう

まだ先だと思っていた「あの」ニオイ。でも、自分で自分の加齢臭に気付く頃には、周囲はとっくに気付いているかも…。手遅れにならないよう、加齢臭用のボディソープで早めに予防・対策しましょう!
価格順におすすめ20製品を紹介します。

ボディソープを詳しく見る
サイトマップ